家を探す方法

家の探し方

house

たとえば袖ヶ浦市内に住みたいと希望している場合、一昔前であれば、袖ヶ浦市内で営業している不動産業者を利用して家探しをする必要がありました。なぜかというと、現在のように不動産業者間で物件情報を共有するシステムが確立されていなかったためです。それぞれの不動産業者が物件情報を抱え込んでいましたので、袖ヶ浦市内の住宅購入を考えている場合だけでなく、袖ヶ浦市内で賃貸住宅を借りたいと希望している場合も、袖ヶ浦市の不動産業者の店舗まで足を運ぶ必要がありました。しかし、現在では便利な物件情報共有システムが運用されるようになったため、遠く離れた場所で営業している不動産業者の店舗でも、袖ヶ浦市内の住宅を探せるようになりました。また、近年になり、ホームページ上で物件情報を公開する業者が増えてきたため、今後は業者の店舗へ行かずに自宅で住宅探しをする人が増えるだろうと予想されています。

費用

住宅の購入を希望している場合、取引形態がどのようになっているかに注目して物件探しをするとよいです。先程も述べたように、インターネットを使えば自分で物件情報を収集できるようになりましたが、取引形態がどうなっているかによって、その後に踏むべき手順やかかる費用が大きく変わってくることになります。たとえばインターネット上で良さそうな物件を見つけることができた場合、その物件の取引形態が「売主」となっていれば、売主と直接交渉することができます。売主との間に不動産業者が介在しませんので、仲介手数料が発生するようなことはありません。一方、取引形態が「媒介」となっている場合は、売主に直接コンタクトを取ることができません。必ず仲介業者を通して購入申し込みをすることになりますので、無事に契約締結に至った場合には仲介手数料を支払うことになります。